"非"手帳型ケース限定!おサイフケータイ化するスマホケース6選!

シェア facebook-box icon
ツイート twitter icon
埋め込み embed icon

更新日:2016/12/12 aprolinkスマホケース

こんにちは。バルーンスタイル編集部のYです。

みなさんのスマホケースは手帳型ですか?それともケース型ですか?

スマホケースの手帳型といえば、フリップカバー部分を活かした収納力が魅力ですよね。肌身離さず持ち歩くスマホだからこそ、SuicaやPasmoなどの交通系ICカードや、紙幣を収納できる手帳型ケースとの相性は抜群です。

しかし、手帳型の収納力は魅力的だけど、「デザインが気に入らない」や「操作するときにカバーを開くのが面倒ください」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は手帳型以外に限定して、Suica収納可能なスマホケース・iPhoneケースを、バルーンスタイル編集部が厳選してご紹介します。

手帳型はダサい?!

手帳型のスマホケースを敬遠される方は、ケース自体のデザインが気に入らないというよりは、電話をかけているときの格好が気に入らないという人も多いのではないのでしょうか。

手帳型ケースは、通話するときには画面を覆うカバーが開く必要があります。そのため、プラプラとカバーが開いた状態で通話している姿は、人によってはだらしない格好に見えることもあるようです。

しかし、手帳型ケースの収納力はとても魅力的です。iPhoneなどのスマホは、常に持ち歩く生活必需品。定期券がついたSuicaや小額紙幣などiPhoneカバーに収納できたらと思う人は多いのではないでしょうか。

とりあえず「おサイフケータイ化」したい人は

baloonレバー

素材がレザーであれば、ケース型の背面にポケットをつけることが可能です。

Suicaだけ収納できればいい、という方は背面にカード収納用の切り込みが入ったシンプルなケースがおすすめです。

クレジットカード等たくさん収納したい人は

CB5380i6P

Photo by Amazon

Suicaだけでなく、名刺やクレジットカードもスマホカバーに収納したいという人には、背面に収納ポケットが縫い付けてあるタイプがいいでしょう。

外部リンク(Amazon):<国内正規品>Chabel【iPhone6s/iPhone6 4.7インチ】Pocket Edge Cover(チャベル ポケットエッジカバー) (CB5376i6(レッド))

ハードケースでスマホもしっかり守りたい人は

roox

Photo by ROOX

レザー素材以外にも、Suica収納可能なスマホケースもあります。レザー素材だと耐久性が心配という方にはハードケースがおすすめです。

ハードケースに使われる代表的な素材のポリカーボネートは頑丈ですが、摩擦が少ないので収納したカードが滑り落ちるリスクが高くなってしまいます。カード収納部分は、滑りにくい素材のポリウレタンなどで作られているケースがおすすめです。

外部リンク(Amazon):PhoneFoam LINE カード収納機能付きケース(エラー防止シート付) for iPhone 6s ローズレッド

手軽に電子マネーの残高確認したいひとは

ノコリーエアー

SuicaやPASMOなどの電子マネー残高を確認するには、通常対応するアプリを開く必要があります。しかし、そんな煩わしいことなんかしたくない!というひとは、「nocoly Air(ノコリーエアー)」がおすすめです。

『nocoly Air』は電子マネーICカードを入れるポケットが付いたiPhoneケース。nocoly AirにSuicaなどのICカードを入れて、ボタンを押すだけで残高確認ができます。

カバー内には防磁シートが付いていますので、電子マネーICカードを入れたまま改札で使用できます。iPhoneからの電磁波が干渉してして改札で止まってしまうなんてことはありません。

ノコリーエアー仕組みの画像

改札を通った跡など電子マネーを使用した直後は、自動的に残高を表示してくれます。本機能はnocoly Air独自の回路技術により実現しました。

また、nanaco限定ではありますが、残高だけでなくポイントも表示してくれるのも嬉しい機能です。残高に加えてポイントも表示できる製品はこれまでになく業界初とのこと。

iPhone側で簡単な設定をするだけでApple Payとも併用が可能になり、Apple Payと電子マネーICカードの使い分けができます。

Suicaを絶対落としたくない人は

71g0vPKTzGL._SL1500_

Photo by Amazon

収納ポケット部分がポリウレタンなど摩擦力の高い素材であれば、カードが滑り落ちるリスクは少ないです。

しかし、頻繁に出し入れをするスマホ。何かの拍子でカードが滑り落ちるリスクがゼロとはいえません。そんな心配性な人には、ICカードが完全に収納されてしまうタイプはいかがでしょう。

背面の収納部分がスライド式の蓋になっているタイプであれば、必要な時だけカードを取り出すことができます。普段、駅の改札を通る時は蓋を閉めたまま使用できますので、普段使いの時にカードを紛失するということはありません。

外部リンク(Amazon):iPhone6s Plus / iPhone6 Plus ケース VERUS Damda Slide カードケース 搭載 プラスチック + TPU ハードケース for Apple iPhone 6s Plus / iPhone 6 Plus 5.5 インチ シャインゴールド 【国内正規品】 国内正規品証明書 付

iPhoneにカバーはつけたくないという人は

http://www.amazon.co.jp/dp/B00NHCRA5G

Photo by ROOX

スティーブ・ジョブズの意思を継いで、頑なにiPhoneを裸で使うひともいるでしょう。中には、裸でスマホを使うリスクを楽しんでいるひともいるかもしれません。

そんなリスク志向(?)の人におすすめなのが、iPhoneの背面に直にポケットをつけることです。

収納ポケットが粘着シートで張り付けるタイプであれば、美しい外観を損ねることなく、iPhoneをおサイフケータイに変えることが可能です。

もちろん、背面がフラットな機種であれば、iPhone以外のスマホでも対応可能です。

外部リンク(Amazon):ステッカーブルポケット Sinji Pouch Basic 2(シンジポーチベーシック2)(ブラック)

まとめ

いかがでしたでしょうか。手帳型ケースでなくても、Suicaを収納しておサイフケータイ化するスマホケースはたくさんあるのです。

スマホをおサイフケータイ化したかったけど、手帳型ケースがどうしても気に入らなかった人には朗報だったのではないでしょうか?

自分の生活スタイルに合ったスマホケースを選んで、快適なスマホライフを満喫しましょう!

こちらの商品はいかがでしょうか
こちらの記事も読まれています

BALLOON STYLEはスマホケース・スマホアクセサリーの輸入商社 株式会社バルーンが運営しています。BALLOON STYLEで紹介している商品・サービスについてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから