「SNS疲れ」にはもう慣れた?!最新のSNS利用調査結果を紹介!|2017年5月4週目のニュース

シェア facebook-box icon
ツイート twitter icon
埋め込み embed icon

こんにちは。バルーンスタイル編集部渡辺です。

今週のスマホアクセサリー業界厳選ニュースは、「SNS疲れ」についての市場調査結果です。

マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」より、SNS利用について、最新の実態調査が公開されました。

TwitterにFacebook・Instagram・LINEなど、いまやSNSは、必須のコミュニケーションツールではありますが、少し前から「SNS疲れ」というワードが話題になっていました。

しかし、今回の調査からは、「SNS疲れ」を感じるユーザーが減っているということです。理由は意外なことでした。

「SNS疲れ」が減った理由は、「慣れ」?!

今回の調査では、SNS疲れを過去に感じたことがある人に、利用し始めの頃と今とで、SNS疲れを感じる頻度を比較してもらっています。

■調査結果

  • (SNS疲れは)かなり減った・・・14.1%
  • やや減った・・・45.5%


Marketing Research Campより引用

使い始めの頃に比べると、あわせて60%近い人が、SNS疲れを感じる頻度が減ったということです。

続いて、「SNS疲れ」を感じる頻度が減ったと答えた人にその理由を聞いたところ、その理由について聞いたところ、40%以上の人がSNSの使い分けの上達によって、 SNS疲れを感じる頻度が減ったということです。

■調査結果

  • SNSに慣れて、自分なりの使い分けができるようになった・・・43.8%
  • SNSに慣れて、一つひとつのSNSに対して自分なりの使い方ができるようになった・・・・38.4%
  • 「いいね!」などのリアクションに対して過度な期待を持たないようになった・・・29.0%
    ※ 複数回答あり

意外にも、多くのユーザーがSNS疲れに陥っていたのは、「慣れていなかった」ということだったようです。

SNSによるコミュニケーションも当たり前になり、便利なサードパーティのアプリも多く登場してきましたので、多くの人がSNSに慣れ、疲れを感じにくくなっているみたいですね。

SNS疲れ軽減アイテムの紹介!

「SNS疲れ」を感じる理由のひとつとして、スマホの画面を見過ぎによる「スマホ老眼」になっている可能性もあります。

バルーンスタイルでも、過去にスマホ老眼について紹介しました。

スマホ老眼の予防として、ブルーライト軽減の液晶保護フィルム(保護ガラス)が数多く販売されており、人気のアイテムのひとつとなっています。

まとめ

SNSに限らず、スマホに依存しすぎていて疲れているというひとは、スマホの利用自体を見直しつつ、身体への負担軽減するスマホアクセサリーを検討してみてはいかがでしょうか。

今回の調査では、FacebookやInstagramなど、各SNS利用の実態調査もされていますので、興味ある方はMarketing Research Campよりレポートをダウンロードしてみてください。

こちらの商品はいかがでしょうか

BALLOON STYLEはスマホケース・スマホアクセサリーの輸入商社 株式会社バルーンが運営しています。BALLOON STYLEで紹介している商品・サービスについてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから