記者は見た!超巨大タブレット“Galaxy View”はビジネスシーンに使えそう

シェア facebook-box icon
ツイート twitter icon
埋め込み embed icon

altを入力して下さい。

こんにちは。バルーンスタイル編集部のJです。

8月も終わりかかった日の出来事。いつものようにオフィスで記事を書いていると、当メディアの運営会社バルーン社の方々が何やら騒がしい。

バルーン社は「BALLOON STYLE」だけでなく、最近人気急上昇中のアパレルセレクトショップTowamy(トワミー)というお店も経営している。9月1日から池袋西武本店に店舗を開くことが決まって、最近慌ただしくしているようだが、何か事件があったようだ。

液晶ディスプレイの代わり?!超巨大タブレット!

近くにいたバルーン社のスタッフに話を聞いてみると、店頭プロモーションで使う予定だった液晶ディスプレイについて、百貨店からNGが出たとのこと。そこで急遽、家電量販店に代替品になりそうなタブレットを探しに走っているのだとか。そりゃ、大変っすね。

そうこうしているうちに、役員さんが代替品を調達して戻ってきました。てっきりiPadかなと思っていたのですが、どうみても箱がでかすぎます。なんと、iPadの3倍の画面サイズがあるタブレットを買ってきたのです。

ipad比較

「画面でかっ」と思わず言ってしまうほど、タブレットでは他に存在しない巨大さ。ほとんどのタブレットが10インチ程度なのに対して、この製品は18.4インチもあります。

「こんなのあったんだ」と記者魂(?)に火が着き、好奇心をそそられてしまいます。バルーン社のスタッフがいろいろテストするところに便乗して、図々しく、私もテスト(冷やかし?)としていじらせてもらいました。

超巨大タブレットの正体

超巨大タブレットは、Galaxy Viewという、Samsung社の製品です。

外部リンク(Amazon):Galaxy View Black 18.4インチAndoroidタブレット

公称スペックはこのようになっています。

スペック
OS Android 5.1(Lollipop)
CPU 1.6GHz オクタコア
ディスプレイ 18.4インチ フルHD(1920 x 1080)
サイズ 約451.8 x 275.8 x 11.9 mm(幅 x 高さ x 奥行)
重量 約2.65kg
外部接続 Bluetooth 4.1, BLE
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
メモリ RAM 2 GB、ROM 32 GB、microSD (SD, SDHC, SDXC (最大128GB))
バッテリー 5,700 mAh 連続動画再生約8時間(ご利用の環境によって異なります)
ACアダプタ接続充電

画面こそ異常な大きさですが、Android、もっというとGalaxyのスマホやタブレットと機能は同じです。なんと画面フィルムもちゃんとあります。

外部リンク(Amazon):OverLay Brilliant for Galaxy View フッ素加工 指紋がつきにくい 防指紋 光沢 液晶 保護 シート フィルム

外部リンク(Amazon):OverLay Plus for Galaxy View 液晶 保護 シート 低反射 アンチグレア ノングレア 非光沢 反射防止 フィルム プロテクター

外部リンク(Amazon):OverLay Eye Protector for Galaxy View 目にやさしい ブルーライト カット 液晶 保護 フィルム シート

バルーン社のスタッフが気にしていたのは、連続動画再生時間でした。なぜなら店頭では電源コードをコンセントに挿して充電することが認められなくなったからです。

さらに普通のタブレットであれば、モバイルバッテリーがいくらでもありますが、この製品はACアダプタで電源の供給を受けていて、スマホやタブレット用のバッテリーが使えません。

Samsung社に問い合わせたところでも、会社として公に認めた推奨できるバッテリーはないそうです。バルーン社のスタッフ曰く、公称スペックの通り8時間あれば良いのだそうですが、「実態はそんなにもたなかった」ということもあり得るので、確認したいそうです。

連続使用時間はほぼ公称通りで優秀!

そして、実験です。いつまで電源がもつか、、、、待つ、とにかく待つ、「♪私待~つわ、いつまでも待~つわ♪」と頭の中で、あみんの曲が流れてきても待つ、、、「いや、もう待てませ~ん」というところで、電源が落ちました。

時間は7時間10分。公称8時間は理想的な環境での稼働時間だと思いますので、相当優秀な数字です。公称8時間はウソではなかったですね。

これにはバルーン社のスタッフも一安心した模様。「昼間ちょっと充電すれば、何とか1日回せそうです」。「むしろ最初に考えていた液晶より良くない?」との発言も。

「ところで何に使うんですか?」と聞いたところ、プロモーションとして、WAYLLY(ウェイリー)の動画を店頭で流すらしいです。 「WAYLLYって何?」という方は、「自撮り棒が不要な時代に!壁に貼り付くスマホケース「WAYLLY(ウェイリー)」」をご覧くださいませ。

まとめ

そんなわけで、無事Towamy池袋西武店のオープンで使われるそうです。めでたしめでたし。お近くの方は、店頭に見に行ってくださいね。ただし、急に展示終了することもあると言っていましたのでご注意を。

池袋西武店

こちらの記事も読まれています。

BALLOON STYLEはスマホケース・スマホアクセサリーの輸入商社 株式会社バルーンが運営しています。BALLOON STYLEで紹介している商品・サービスについてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから