iPhone7? iPhone6SE? スマホケースの販売店はどう対応する?

シェア facebook-box icon
ツイート twitter icon
Embed embed icon

i6pdf20-rd

こんにちは。バルーンスタイル編集部のJです。

「2016年秋の新型iPhoneに備えて、今は仕入を控えているんだよ」

スマホケースの販売店の方との会話で、最近よく聞く話題です。

よく知られている通り、発売直前の正式発表まで新型iPhoneについての情報は秘密にされています。

スマホケースの販売店にとって、新型iPhoneの噂が飛び交う時期は、どんなケースを仕入れればよいのか悩ましい問題なのです。

そこで、iPhoneを取り巻く環境と、販売店の対応について今回は取り上げたいと思います。

iPhoneを取り巻く環境

まずはこれまでのiPhoneの発売時期をおさらいしてみましょう。

機種名 発売年月
初代iPhone 2007年6月29日
iPhone 3G 2008年7月11日
iPhone 3GS 2009年6月19日
iPhone 4 2010年6月24日
iPhone 4S 2011年10月14日
iPhone 5 2012年9月21日
iPhone 5s / 5c 2013年9月20日
iPhone 6 / 6 Plus 2014年9月19日
iPhone 6s / 6s Plus 2015年9月25日
iPhone SE 2016年3月31日

初代Phoneから4Sまでは6~7月に発売されていましたが、4Sからは9~10月に発売されるようになります。また、ほぼ2年に1回、iPhoneの「数字」が1つ増えます。

この傾向にしたがうと「2016年9月頃にiPhone7が出るのでは?」とにわかに騒がしくなるわけです。

では、iPhoneの販売台数はどのような傾向なのでしょうか。下記表は直近の全世界販売台数の推移です。

【表】iPhone販売台数推移(万台) | Apple社決算発表資料より

1-3月(2Q) 4-6月(3Q) 7-9月(4Q) 10-12月(1Q)
2013 3,743 3,121 3,379 5,402
2014 4,371 3,520 3,927 7,446
2015 6,117 4,753 4,804 7,477
2016 5,119

注目すべきは2015年10-12月期です。iPhoneの販売台数が前年同期比でほとんど伸びなくなりす。そして、ついには2016年1-3月期に前年同期比の販売台数が減少に転じてしまいました。

昨年のiPhoneの販売台数の伸び悩みは、新機種がマイナーチェンジにとどまったことも一つの理由だと考えられます。再度販売台数を伸ばしたいと考えているApple社は、今年こそは新型のiPhone、すなわちiPhone7を出してくるのではないかという憶測につながっているのです。

新型iPhoneに関する有力な情報

Apple社のティム・クックCEOは、2016年5月2日にアメリカCNBCテレビのインタビューを受け、次期iPhoneは、革新的な進化を遂げた誰もが買い替えたくなるiPhoneであると予告しました。

ティム・クック

[写真] ティム・クックCEO Photo by Wikipedia

このインタビューを聞く限りでは、2016年秋に発売と噂される新型iPhoneは、マイナーチェンジレベルではなく、大幅な機能向上が見込めると思われます。最近のiPhoneの売上低迷を考えますと、Apple社としても是非とも画期的な新型iPhoneを早く市場に投入したいはずです。

iPhoneの不振は市場の飽和?

一方、2016年5月31日付日経新聞で、iPhoneの刷新はこれまでの2年に一度から3年に一度になると報道されています。この報道が事実ならば、2016年秋に発売される新型iPhoneはマイナーチェンジに止まります。

おそらくiPhone 6◯◯という名称で今秋は登場し、大幅に機能が向上したiPhone 7は2017年発売機種になると予想されます。

もし、近年のiPhoneの売上低迷が市場の飽和ならば、新機能を追加した新型を発売しても、売上が爆発的には伸びるとは考えられません。

内閣府の消費動向調査を見ても、携帯電話の買替年数は、スマホが普及し始めた2013年だけ一時的に短くなりましたが、継続的に長くなっています。

Apple社も開発コストを回収するためには、販売期間を長くとる方針に変えるということも十分ありるというわけです。

スマホケース販売店はどうする?

2016年秋に画期的な新型のiPhone 7が発売されることになった場合は、形状が従来より大幅に変わる可能性が高いので、対応ケースが発売されるのをスマホケース販売店は待つしかありません。

しかし、もし2016年秋の新型iPhoneがマイナーチェンジに止まる場合はどう対応すれば良いでしょうか。

おそらく、現行機種のiPhone6/6 Plus(6s/6s Plus)と同じ形状の可能性が高いでしょう。また、マイナーチェンジの新型iPhoneですので、近年の傾向だと爆発的な売上は期待できません。

よって、iPhone 6s/6sPlusやiPhone SEユーザーが新型iPhoneに移行するとは考えにくく、もし新型iPhoneの形状が現行機種と違ったとしても、依然として旧機種対応のケースが売れる可能性が高いといえるでしょう。

上記を踏まえると、スマホケース販売店は2つの選択肢があります。

一つは、画期的な新型iPhoneが発売されると信じて、今は何もしないでおく。もう一つは、マイナーチェンジに止まると考えて、長くなったケースの販売期間を乗り切るため、ケースの新規商品を求めていくかのどちらかです。

じっとしていられない人は、他の販売店が買い控えをしている今こそ、良い仕入条件で(完全委託など)新規仕入れ先を開拓されてはいかがでしょうか?


BALLOON STYLEはスマホケース・スマホアクセサリーの輸入商社 株式会社バルーンが運営しています。BALLOON STYLEで紹介している商品・サービスについてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから